アジスロマイシンはどんな病気に使われるのか

薬も私たちの生活にはもう欠かすことはもうできません。高齢者はもちろん子どもまでも病気と闘うためにも飲まなければりません。

風邪といったありがちな病気から、心不全などの重大な病気まで、薬は治療に大いに役立っているのです。

■抗生物質もよく使われている
そんな薬の中でも、よく病院へ行くときに聞かれるのは抗生物質でしょう。普段の生活のなかで、薬は使っていても抗生物質を使う機会はあまりありません。

自分で入手して、よく使うなんて人も少ないのではないでしょうか。抗生物質は、感染症対策によく用いられます。感染症は、よく細菌が原因で引き起こされます。

インフルエンザなどもやっぱり感染症ともいえますし、確かに私たちの身近なところにもあるのです。そんな感染症の予防や治療にしばしば使われているのがアジスロマイシンなのです。

細菌のたんぱく質生成を阻害して繁殖を防ぎ、感染症を治していくものです。広い世代で使われており、私たちの体を守っているのです。

■抗生物質もよく使われている

■アジスロマイシンはどんな病気に使われているのか
アジスロマイシンはでは、どんな病気に使われているのでしょうか。たとえば、はしか、みずぼうそう、おたふく風邪といった身近なものやまた、幼い子どもにありがちな手足口病には残念ながら効果はないのです。

それはウイルス性だからなのです。リンパ管炎、急性気管支炎、肺炎、尿道炎、子宮頸管炎などの治療にも使われます。さらに歯周病やクラミジアなどの性病にも使われていきます。

先の病気では、病院でみてもらいながら、そのうちに治療に使われていくのです。後半は時には自身で判断して、個人輸入して治療に使うこともあるでしょう。

■ぜひ、細菌治療には
ぜひ、細菌による治療にはアスジロマイシンの服用も前向きに考えていきましょう。